ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

県内で初導入 バス停の段差や隙間解消へ 高齢者や車椅子の利用者、楽に乗降 新潟・秋葉区

2017年03月08日 02時37分29秒 | 障害者の自立

 新潟市などは6日、バス停とバス乗降口との段差や隙間(すきま)を解消する縁石、「バリアレス縁石」を同市秋葉区に導入した。高齢化が進む中、高齢者や車椅子の利用者が楽に乗り降りできる縁石として期待される。県内では初、全国でも3例目の導入だという。同市都市交通政策課は「高齢者に限らず、子連れや足の不自由な方にも対応できる。誰もが快適に利用できる環境を整え、バス利用促進を図りたい」と話している。

 この縁石が設置されたのは、同区役所前の「秋葉区役所・総合体育館前バス停留所」。バス停には2月末現在で、区バスと新潟交通観光バスの路線バスを合わせ平日42本、土休日36本が停車する。

 従来はタイヤと縁石の接触を回避するため、バス車体とバス停の間に隙間が生じた。バリアレス縁石は、車道に面した側面が緩やかに傾斜し、縁石の角の部分もカットされている。そのため、縁石をガイドにしてタイヤを擦らせながら寄せることが可能で、車体をバス停に密着させて停車することができる。

 同市などは昨年1月、国の交通政策を調査、研究する公益法人「日本交通計画協会」(東京都)と連携し、同市江南区内で実証実験を実施した。その後、小型ノンステップバスも利用できるようにするなど問題点を解消、今回の導入に至った。

 同協会は、高齢者や障害者などの公共交通機関の利用促進にバリアレス縁石の普及を全国で目指している。国内では横浜国立大学構内、岡山市中区役所に続くものという。

 同課によると、ドイツやフランスはすでに実用化が進んでいるといい、「日本での取り組みは遅れている。現在は未定だが、今後、別の区役所や病院など利用者の多い公共施設での導入を検討したい」としている。

 角がカットされ、緩やかに傾斜したバリアレス縁石。車体と歩道の隙間や段差を解消することができる
 
毎日新聞   2017年3月7日
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 措置入院など判断の審査会 ... | トップ | 「IT × 医療」IT産業医が語... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

障害者の自立」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL