ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

「障がい」を考える

2016年10月29日 02時04分08秒 | 障害者の自立

支援学校で上映会

 難病の子とその家族の日常に迫ったヒューマンドキュメンタリー映画「Given〜いま、ここ、にある しあわせ〜」が、県立えびな支援学校(中新田4の5の1)で10月29日(土)に上映される。定員は先着順200人。参加費無料。

 作品には、日々退行していく進行性の病気「ムコ多糖症」、眼球と顔の約半分を切除することになった悪性腫瘍「横紋筋肉腫」、短命が宿命づけられた「18トリソミー」という、障害がある3人の子どもたちとその家族の生活が撮影されている。

 この上映会は障害者への理解などを目的に毎年開催されているもので、市の事業「こころのバリアフリー」の一環。当日は午前10時から午後0時30分までを予定しており、映画鑑賞のほか同校の紹介もある。

 申込み・問合せは同実行委員会事務局(市障がい福祉課内)【電話】046・235・4812へ。

こころのバリアフリー2016映画上映会

2016年10月29日

10:00開始 〜 12:30終了

事前申込みが必要:

神奈川県海老名市県立えびな支援学校体育館

費用:無料

問い合わせ先:こころのバリアフリー実行委員会(市障がい福祉課内)

TEL:046-235-4812

2016年10月28日    タウンニュース

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 津波シェルター試行錯誤 | トップ | <認知症を支える>(中)命... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

障害者の自立」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL