ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

「LITALICOワークス」が障がい当事者と企業が直接会える説明会を開催

2016年10月25日 02時39分22秒 | 障害者の自立
就労移行支援事業所主催の「合同企業説明会」

障がい者向け就労支援事業や子どもの教育事業を全国展開する株式会社LITALICO。同社が運営する障がい者のための就労移行支援事業所「LITALICOワークス」が、就職意欲のある障がい者と障がい者雇用を進めたい企業の第1回「合同企業説明会」を開催する。

障がい者雇用の足かせは双方の理解不足

民間企業で働く障がい者の数は増え続けてはいるが、法定雇用率(2.0%)を達成した企業の割合は47.2%で半数に満たない。障がい者雇用が進まない理由のひとつとして、就労を希望する障がい者の実像がわからないという声が多い。

また同社のデータから就職成功者の多くが10社以上の企業見学や実習をしており、障がい者にとっても企業に直接触れるチャンスが就労につながると考えられる。

第2回横浜、3回札幌でも開催予定

そこで同事業所では企業と障がい者がお互いの理解を深める場としてこの催しを企画。今後も全国の「LITALICOワークス」のある地域で開催を予定。第2回は2016年11月22日(火)に横浜市で、第3回を2016年12月16日(金)に札幌市で開催する。

当日は障がい者雇用を検討している企業10社がブースを設け、一般企業への就職を希望する50名程度の障がい者へ企業紹介、障がい者採用の取り組みなどの説明を行う。

ほか「LITALICOワークス」のブースでは「障害者差別解消法」「改正障害者雇用促進法」が求める雇用の際の「合理的配慮」について、担当者への個別相談を受け付け、資料や事例に基づいた助言を行う。

日時は2016年11月2日(水)、14時~17時。会場はハロー貸会議室秋葉原駅前。定員50名程度。参加企業数10社(予定)。参加費無料。参加希望者は電話かWEBフォームで。

2016年10月23日    障害者雇用インフォメーション

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ぽんぽこ市で「バリアフリー」 | トップ | 「資金繰りが厳しくて…」被後... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL