ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

命支えるサポーター 「表情を読み取る」20年の重み 

2017年06月20日 02時07分51秒 | 障害者の自立

 5月21日、「神戸まつり」でにぎわう神戸市中央区で「重度訪問介護従業者養成講座」があった。重度の障害を持つ人の生活サポートに必要な技術を学び、修了すれば介助サービスを提供する資格が得られる。

長田区のシェアハウス「Re-Smile」(リ・スマイル)で暮らす、重い脳性まひの大塚由紀子さん(39)は、当事者講師として参加した。

 大塚さんは、障害支援区分が最も重い6。自分で体を動かせず、気管切開をして声も出せない。だが、外出が…

重度訪問介護従業者養成講座で車椅子の大塚由紀子さん(中央)は、平郡智恵子さん(右)や受講生らと神戸まつりでにぎわう街へ繰り出した

毎日新聞   2017年6月19日 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <NPOの杜>「あかねの思... | トップ | 発達障害 友達いません »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

障害者の自立」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL