ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

九州豪雨  東京の民間団体も職員ら派遣

2017年07月17日 11時00分39秒 | 障害者の自立

 九州北部豪雨の被災地には、東京都の民間団体も職員らを派遣している。

 新宿区の「ピースボート災害ボランティアセンター」(PBV)は、6日から4人のスタッフを派遣。社会福祉協議会の職員が少ない福岡県東峰村で、14日に開設された村災害ボランティアセンターの運営を支援している。同日は約50人のボランティアが集まった。現地では民家からの泥のかき出しのニーズが多いといい、合田茂広理事(38)は「3連休の様子を見ながら、ボランティアの募集などをしていきたい」と話した。

 昨年4月に発生した熊本地震などでも支援活動をしたNGO「難民を助ける会」(AAR Japan)=品川区=の職員3人も、7日から同県朝倉市に入った。避難者の体調管理のために体温計を提供したほか、市内の避難所で高齢者や障害者ら弱者のケアができる場所の設置準備を進めているという。

毎日新聞   2017年7月15日

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 生活保護世帯  大学進学に給... | トップ | <家族のこと話そう>母、叔... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL