ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

名張市コミュニケーション条例/3 点訳奉仕員 読書の喜び、点字で届けたい

2017年07月16日 02時15分58秒 | 障害者の自立

 ボランティア活動で支えられるのは障害者だけではない。名張市の点訳グループ「あかり」の榎本智子さん(76)は心からそう思う。

昨年5月に夫を亡くした。半年以上続いたぼう然自失の日々から立ち直れたのは、仲間の励ましと点訳作業があったから。

「何かをさせてもらえるのはありがたいこと。点訳は生きる支え。どこかで役立っていると思えるのはうれしい」と話す。

毎日新聞   2017年7月15日

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <清水孝幸の続50代の地域... | トップ | 「発達障害に携わる教育・支... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

障害者の自立」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL