ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

視覚障害者向け 五輪凹凸バッジ

2017年05月18日 10時36分11秒 | 障害者の自立

東京オリンピック・パラリンピックに向け、目の不自由な人が手で触ってわかる、大会エンブレムバッジの配布が始まった。
このエンブレムバッジは、表面に凹凸がついており、目の不自由な人でも識別できるようになっていて、マグネット型で取りつけも簡単。
東京都では、16日からバッジの配布を始めるとともに、これに合わせて、小池知事が都立文京盲学校を訪れ、ゴーグルをつけ、目が不自由になった体験や、授業の視察などを行ったほか、生徒の代表2人にバッジを渡して、胸元に着けた。
今後、バッジは特別支援学校の生徒などのほか、団体を通じて配布が行われる。

05/16     fnn-news.com

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「命の大切さ伝えたい」 世... | トップ | 東京・原宿に花屋とカフェ ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL