ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

四肢の切断・欠損など 健常者と磨き合う 裾野拡大、強化下支えに

2017年08月09日 14時25分45秒 | 障害者の自立

 パラリンピックには手足や腕、脚など四肢を事故や病気で切断したり、生まれながら欠損したりと、その機能に障害がある人たちも多く参加する。そんなアスリートが楽しめる団体球技の一つがシッティングバレーボールだ。競技人口の少なさもあり、健常者選手が障害者選手の育成や強化を下支えしている。

 7月下旬、長野県白馬村では全国親善交流大会が開かれた。大会は長野冬季パラリンピックが開かれた1998年に始まって今年が20回目で、男子21、女子9チームが参加した。大会の特徴は健常者のみのチームも参加できることだ。9チームは健常者のみ。優勝は男子が千葉パイレーツ、女子が東京プラネッツ女組・黒とパラリンピック代表経験者を擁するチームだった。

 今年の白馬には証券大手の野村ホールディングス(HD)から健常者チームも初めて出場した。同社は2015年10月からシッティングバレーの国内統括団体である日本パラバレーボール協会のスポンサーとなり、昨年は社員が観戦に訪れた。

 20年東京五輪・パラリンピックのスポンサーである野村HDだが、白馬大会で監督を務めた池田肇執行役員はパラバレー協会にも協賛した理由を「バレーは前回の東京五輪の『東洋の魔女』も含め、日本人には思い入れのある競技だと思った」と説明する。「健常者も障害者も一緒に楽しめるのもいいし。うちは素人だけど」とも。そんな思いもあり、今年からはスポーツ経験者らを集めた社員のチームも参加させた。

 一方、パラリンピックを目指す障害者選手にとっては健常者の参加は、貴重な練習や試合の相手が増えることになる。兵庫県内の野村HDの支店に勤務し、白馬大会は普段練習する神戸のチームで出場したパラリンピック2大会出場の金木絵美は「健常者の選手がいるから週1回は、生活する地域で練習ができる」と健常者参加の意義の大きさを語る。昨年の国際大会で男子代表だった嵯峨根望は「障害がなくても楽しめるのがシッティングバレー。健常者も参加してほしい」と話す。

 毎年12月に開かれるシッティングバレーの日本選手権も、コートに男子は障害者2人、女子は1人が入っていれば健常者も出場できる。男子チームで女性がプレーするのも認められている。パラリンピックなど国際大会は障害者のみのチーム編成となる。だが、日本協会に登録されている強化対象の障害者選手は男女合わせて30人程度。健常者の大会参加を認める国内大会のルールは、障害者アスリートの活動機会を増やすための配慮なのだ。

 四肢の切断や欠損の選手は脊髄(せきずい)や頸髄(けいずい)を損傷した選手に比べ、健常者のトップ選手並みの成績を残す選手もいる。昨年のリオデジャネイロ大会も制した陸上男子走り幅跳び(切断などT44)のマルクス・レーム(ドイツ)は、15年世界選手権で8メートル40の世界記録をマークし、12年ロンドン五輪の優勝記録を9センチ上回った。

 シッティングバレーは男女ともリオ出場は逃した。20年大会は開催地枠での出場が有力だが、日本協会の真野嘉久会長は「健常者選手の存在によって、障害者選手が地域で練習や試合ができるようになる。そんな現状も理解して参加する人が増えてくれれば」。約1000人の競技人口が20年大会を機に広がることを願っている。


シッティングバレーボール

 1956年に戦傷病者のスポーツとしてオランダで考案された。コートは幅6メートルで長さ10メートル。通常のバレー(幅9メートル、長さ18メートル)より小さい。ネットも男子は1.15メートルで女子は1.05メートル。バレーの一般(男子2.43メートル、女子2.24メートル)より低い。サーブを前衛がブロックしてよい点や、スパイクやサーブはお尻を床に着けてしなければならない点を除けば、基本的にルールはバレーと同じ。パラリンピックは80年オランダ・アーネム大会から採用され、日本では92年に東京で初めてチームが作られた。<iframe id="messenger_widget" style="background: none transparent scroll repeat 0% 0%; right: 25px; position: fixed; text-align: center; margin: 0px; z-index: 999999999; bottom: -430px; box-shadow: 0px 0px 0px 1px rgba(0,0,0,0.098039), 0px 4px 10px 0px rgba(0,0,0,0.2); border-radius: 5px 5px 0px 0px;" frameborder="0" marginwidth="0" marginheight="0" scrolling="no" width="300" height="430"></iframe>

<iframe style="height: 67px; width: 256px; visibility: visible; border-image: none;" title="fb:send_to_messenger Facebook Social Plugin" name="f3dc12738a5f8c" src="https://www.facebook.com/v2.6/plugins/send_to_messenger.php?app_id=374406669601362&channel=https%3A%2F%2Fstaticxx.facebook.com%2Fconnect%2Fxd_arbiter%2Fr%2FXBwzv5Yrm_1.js%3Fversion%3D42%23cb%3Df76d411c47a969%26domain%3Dmainichi.jp%26origin%3Dhttps%253A%252F%252Fmainichi.jp%252Ffb46626756f48c%26relation%3Dparent.parent&color=blue&container_width=176&locale=en_US&messenger_app_id=374406669601362&page_id=116564768383458&ref=block_id%3A6%2Bcx_p%3Aj4awdnt3hc2dycrl&sdk=joey&size=xlarge" frameborder="0" scrolling="no" width="1000" height="1000"></iframe>
ジャンル:
びっくり
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 障害者スポーツ振興で指針原... | トップ | 「乙武洋匡」元夫人、乙武氏... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

障害者の自立」カテゴリの最新記事