ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

植物工場を活用した「農業×福祉」連携事例のセミナー・見学会

2017年03月30日 02時41分02秒 | 障害者の自立

NPO法人ソーシャルハウスは、2015年6月に障害者就労支援B型サービスを提供する福祉施設として、群馬県高崎市に設立された。同法人では農業を通じた就労支援サービスを利用者に提供している。

ただし、農業と言っても露地栽培の農業ではなく、完全閉鎖型の植物工場にて生産していることがその特徴と言える。

障害者施設にとって、利用者のための安定した仕事の確保と、付加価値の高い仕事による工賃の改善は、永続的な課題として挙げられる。野菜工場の導入は、この二つの課題の解決策の一つとして注目されている。

2017年3月28日   環境ビジネスオンライン

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「私の身体を返して」優生保... | トップ | 介護保険法改正案、高所得者... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL