ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

柔道「銀」の広瀬さん 富士宮で講演

2016年10月13日 02時52分25秒 | 障害者の自立

障害あることが不幸ではない

 リオデジャネイロ・パラリンピック柔道(視覚障害)男子60キロ級で銀メダルを獲得した愛知県立名古屋盲学校教員の広瀬誠さん(39)が十日、富士宮市の大富士中学校で講演し、七十人が耳を傾けた。

 広瀬さんはリオ大会でモンゴルとルーマニアの選手に一本勝ちし決勝に進出。ウズベキスタンの選手に敗れたが、同じ銀メダルだったアテネ大会から三大会ぶりのメダルを手にした。

 決勝戦について「組んだ瞬間にすごく強い相手だと分かった。できる環境でできることをしてとった銀メダルで、悔いはない」と振り返った。リオ大会を最後に現役引退を表明しており、「柔道を通して友人や家族と出会うことができ、障害があることが不幸ではないと思えた。引退後もいろいろなことに挑戦したい」と語った。

 視覚障害者柔道の選手と交流するNPO法人ヴィレッジネーション(富士宮市)が主催した「人にやさしい未来づくり・富士宮学習会」(中日新聞東海本社など後援)に広瀬さんを招いた。リオ大会で決めた払い巻き込みなどの技の実演や、来場者が視覚障害者柔道を体験する時間もあった。

リオ大会での決勝戦を振り返る広瀬誠さん

2016年10月12日   中日新聞

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 他社線乗り換え、車いすは遠... | トップ | 企業の婚活事業も支援=有識... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL