ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

「障がい者と地域」考える

2016年11月12日 03時07分31秒 | 障害者の自立

 座間市障害者団体連合会(鈴木孝幸会長)の設立30周年を記念し11月29日(火)、「これからの障がい者と地域」と題したシンポジウムがハーモニーホール座間小ホールで行われる。時間は午後1時40分から3時まで(1時から1時半までは記念式典)。

 コーディネーターは、立命館大学の衣笠総合研究機構教授で日本障害フォーラム国際委員を務める長瀬修氏。市内の身体・視覚・聴覚・知的・精神障がい者5人のパネリストとともに、今後の展望と地域との関わりを考える。

 入場無料。定員150人。申込み不要。(問)同会【電話】046・266・2001

2016年11月11日   タウンニュース

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 牛丼1杯が豪華な食事、就労後... | トップ | 障害を持つ子のために遺書の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL