ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

県会で試験撮影 - 課題も浮き彫り・・・/手話通訳導入へ

2016年12月10日 00時30分16秒 | 障害者の自立

 本会議のテレビ中継などに手話通訳の導入を決めている県議会は7日、奈良市登大路町の同議会棟で、試験撮影などを行った。本運用するのは来年からの予定で、この日は、代表質問の質疑を手話で同時通訳し、テレビカメラに映す試験を実施した。ただ質問や答弁には手話にない行政用語が数多く出てくるなど、課題も浮き彫りとなった。

 県議会棟の別室で行われた試験撮影には、県聴覚障害者協会の認定する手話通訳者3人が参加。この日は本会議場で12月定例会の代表質問が行われており、15分交代で答弁や質問の内容を手話で同時に表現し固定カメラで手話通訳者を映した…

県議会の答弁や質問を同時通訳し、試験撮影した手話通訳者

2016年12月8日   奈良新聞

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北九州市障害者芸術祭作品展... | トップ | 植松容疑者、来月まで鑑定留... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

障害者の自立」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL