ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

伊豆大島で犠牲者追悼の灯 土石流災害3年を前に

2016年10月17日 01時21分20秒 | 障害者の自立

土石流災害3年を前に

 伊豆大島(東京都大島町)で39人が死亡・行方不明となった土石流災害から16日で3年となるのを前に、被害の大きかった元町地区で15日、「献灯式」が開かれ、集まった遺族や住民がろうそくに灯をともして犠牲者を悼んだ。

 町役場近くの駐車場に設けられた会場には、災害のあった日付を表す「10.16」の数字と、ハートの形にろうそくが並べられた。夕方になって点火され、暗闇に数字などが浮かび上がると、住民らは目を閉じて手を合わせた。ろうそくを入れた容器の外側には「やすらかにおやすみください」などと住民らのメッセージが記されていた。

画像

ともされたろうそくに手を合わせ、土石流災害の犠牲者を悼む男性

2016/10/15   BIGLOBEニュース
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 災害時の福祉避難所、態勢整う... | トップ | 障害の枠超えた祭典「スポー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL