ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

プロレスHEAT-UP とどろきで「川崎総力戦」

2016年10月15日 01時21分27秒 | 障害者の自立

新日以来、21年ぶりゴング

 川崎市麻生区に道場を構える地元プロレス団体「プロレスリングHEAT-UP」が市とどろきアリーナで10月31日(月)、興行を開催する。障害福祉やいじめ撲滅といったテーマもあり、市民団体によるまちづくりイベントも多数企画。地域のつながりを深める「川崎総力戦」となる。

レジェンドレスラーも出場

 とどろきアリーナでプロレス興行が行われるのは、「新日本プロレス」が1995年に開催して以来、21ぶりとなる。「『KAWASAKI』を照らす希望の光〜奇跡を起こせ☆2016〜」と銘打たれた同大会には、「HEAT―UP」代表の田村和宏選手と対戦する鈴木みのる選手や、藤波辰爾選手、藤原喜明選手、越中詩朗選手、ジャガー横田選手らレジェンドレスラーも出場し、とどろきを熱く盛り上げる。

 「HEAT―UP」は多摩区出身のプロレスラー・田村さんにより、2013年に旗揚げ。これまで「プロレスの魅力を広めるとともに、街を元気にしていきたい」という思いで、市内では麻生区の新百合21ホールなどで興行を重ねてきた。「市内北部にはプロレスが浸透してきたが、市全体を盛り上げてきたい」と、とどろき大会開催を決めた。田村さんは「川崎市内の多くの市民団体の方々と出会い、つながろうという意識が高いと感じた」と語る。

 そこで、同大会では多くの市民団体とのタッグを組んだ。「農園フェス」などを行っている市民団体「カワサキノサキ」による地元伝統野菜や加工品の販売が実施されるほか、市民のメッセージを書き込んだ折り紙をつなぎ合わせる「色輪っか」でリングサイドにビッグアートを作成する企画(かわさき色輪っかつなぎ実行委員会)などが催され、そこには川崎の人々の絆を深めようという思いがある。

「障害者とともに盛り上げる」

 「HEAT―UP」は、これまで「いじめ撲滅」のほか、「社会に出て役に立つ意味を知ってもらいたい」と、チケットもぎりでの障害者の就労支援など「障害福祉」の要素も興行に盛り込んできた。とどろき大会の準備を進める中、7月には相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で殺傷事件が発生。ダウン症の姉をもつ田村さんは「他人事ではない」と神妙に語る。とどろき大会でも、田園調布学園大学人間福祉学部(麻生区)と協力し、会場への交通誘導、会場設営などの仕事を障害者とともに行う予定で、興行をともに盛り上げる。田村さんは「いわば『川崎総力戦』。川崎の魅力をアピールしていきたい」と語った。午後6時30分ゴング。チケットなどは【携帯電話】090・5430・2056へ。

とどろき大会に向け、タッグを組んだ「HEAT―UP」と市民団体

2016年10月14日   タウンニュース

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« すべてにいきわたるバリアフ... | トップ | 高等特別支援学校の3生徒 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL