ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

共に生きる社会へ

2016年11月26日 01時59分42秒 | 障害者の自立

”共生”憲章策定

 平成28年7月26日、県立の障害者支援施設「津久井やまゆり園」において、戦後最悪と言われる殺傷事件が発生しました。

 この事件を受け、障害者に対する偏見や差別の撲滅をめざし、県と議会が協力し「ともに生きる社会かながわ憲章」を策定しました。

いち早く提案

 障害者差別解消法の施行を機に、共生社会の実現を目指す「条例」を制定する自治体が増えています。

 私たち会派は、9月12日、「共生社会実現に向けての条例制定」をいち早く、議会代表質問で取り上げました。

 その後の予算委員会質疑(10月6日)を受け、その第一歩として、憲章を制定することとなりました。

優先すべき課題

 私自身も知的障害を持つ家族がいる中で育ちました。

 障害者福祉は、ともすると家族や行政の意向ばかりが先行してしまいがちです。

 福祉の現場は今、とても混乱しています。何が大切で、何を優先すべきなのか、見誤らないことが重要です。

2016年11月25日   タウンニュース

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 県五輪・パラ教育 鉾田旭東... | トップ | 災害弱者受け入れ強化へ 札... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

障害者の自立」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL