ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

障害者自立支援法の廃止を 800人が神戸で集会

2009年10月20日 00時41分04秒 | 障害者の自立
 障害者自立支援法の廃止と福祉サービスの充実を訴える「さよなら!応益負担 兵庫集会」が19日、神戸市中央区の東遊園地で開かれた。兵庫県内の障害者や家族ら約800人が参加。「応益負担を即時廃止し、障害者が安心して暮らせる社会に」と呼び掛けた。

 2006年の同法施行後、福祉サービスの利用が原則1割負担になった。重度障害者ほど負担が重くなり、十分な福祉サービスを利用できない人が出るなど、「応益負担は憲法違反だ」との声が上がっていた。

 それに対し、新政権下の今年9月、長妻昭厚生労働相が、同法を廃止し、所得に応じてサービス利用料を負担する「応能負担」を柱とする新法を制定すると明言した。

 集会では、「ストップ・ザ『応益負担』兵庫の会」の津田充幸代表が、「現法は生存権の保障を侵害するもの。政権が変わった今がチャンス。わたしたちの手で新制度を作っていこう」とあいさつ。その後、参加者が横断幕やプラカードを掲げ、「応益負担はすぐにやめよ」「(新法を)障害者抜きに決めるな」などと訴えながら市内をパレードした。

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Windows 7はスクリーンキーボ... | トップ | マイクロソフト、Windows 7の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL