ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

毎日ユニバーサル委員会 「共生」をレガシーに=主筆・小松浩

2017年02月22日 02時49分52秒 | 障害者の自立

 パラリンピックと東京は縁が深い。競技が始まったのは1960年のローマ大会だが、パラリンピックという呼び名がつけられ、定着していったのは、4年後の東京大会からだ。

 この話があまり知られていないのは、敗戦の荒廃から立ち上がり、高度経済成長を謳歌(おうか)するさなかの東京五輪の熱狂が、パラリンピックを後景に追いやってしまったからだろう。

 だが、「国威の発揚」や「日本人の誇り」を五輪に投影する時代は、もはや過ぎ去ったようだ。

毎日新聞    2017年2月21日

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「眠れる旅人」発掘 広がる... | トップ | 視覚障害者も"見える"ように... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL