ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

知的障害者が描く動物たち 生命力にあふれた20点 18日まで、つくば 

2017年06月15日 02時42分46秒 | 障害者の自立

 知的障害がある人たちが動物をモチーフに描いた絵画展が、つくば市二の宮1の「スタジオ’S」で開かれている。描いたのは、同市のNPO法人「自然生(じねんじょ)クラブ」で活動する人たち。展示された約20点の絵画は生命力にあふれ、表現する喜びが伝わってくる。

 同クラブは、筑波山麓(さんろく)に倉庫を改装してアトリエなどを設け、知的障害のある人たちに、絵画や太鼓などの芸術活動の場を提供している。

市村正道さんの作品「おさる」。表現する喜びにあふれた作品が並ぶ

毎日新聞   2017年6月14日

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 競走や投てき競う/障がい者... | トップ | 障害者白書に相模原事件の再... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL