ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

求む!国体の助っ人キャラ 「キャッフィー」力不足で公募

2016年10月20日 01時40分56秒 | 障害者の自立

 二〇二四年に県内で開かれる国体と全国障害者スポーツ大会に向け、県の準備委員会は十七日、大会マスコットキャラクターの公募を始めた。選考作品は県のイメージキャラクター「キャッフィー」と大会を盛り上げる。

 キャッフィーは〇八年、琵琶湖の固有種・ビワコオオナマズ(英名・キャットフィッシュ)をモチーフに、県内であった全国スポーツ・レクリエーション祭に合わせて誕生。胸の「S」はスポーツと滋賀を意味している。

 県のPR役を務めているが、県民から「影が薄い」と指摘されるほど知名度は低い。近年の国体ではキャラクターを複数にする開催自治体もあるため、県はキャッフィーと一緒に国体をPRする新キャラクターを追加することにした。

 公募するのは、デザインとその愛称のほか、キャッフィーとの関係性や誕生の経緯といったストーリー。県の担当者は「県の魅力が、キャッフィーや新たなキャラクターを通して伝わってほしい」と期待を寄せている。

 公募では、住まいや年齢などの制限は設けない。募集期間は十二月二十六日まで。来年四月ごろに選考する。(問)県開催準備委員会事務局マスコットキャラクター募集係=077(528)3321

県のイメージキャラクター「キャッフィー」。県は滋賀国体PRに向け一緒に活動する新キャラクターの募集を始めた

2016年10月18日   中日新聞

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 競泳 中道 穂香(15)南... | トップ | 「カーレット」人気広がる ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL