ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

障害者施設の男児の死因は低酸素脳症 大阪

2017年06月19日 03時08分36秒 | 障害者の自立

 大阪府太子町山田の障害者福祉施設「四天王寺太子学園」で14日に浴槽に沈んでいるのが見つかった小学3年の男児(8)について、大阪府警富田林署は17日、司法解剖の結果、死因は気道が詰まったことによる低酸素脳症と判明したと発表した。男児に目立った外傷はなかった。

 同署によると、男児はこの施設で生活しており、当時は男児を含む約15人が職員に付き添われて入浴していたという。府警は関係者から事情を聴くなどして、事件と事故の両面で捜査している。

2017.6.17    産経ニュース

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 読みやすいように工夫された... | トップ | 当事者とともに、「1票の壁... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL