ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

身障者トイレの困りごとを訴える

2016年10月15日 01時40分44秒 | 障害者の自立

サークルひまわりのたねが考えるイベント

 車いす利用者が、日常生活に欠かせないトイレの困りごとについて訴えています。
 伊那市福祉まちづくりセンターの中にある身障者用トイレで検証が行われました。
 横開きの扉を開けますが自然にしまってしまい中に入るのに苦労します。
トイレについて考えるイベントは車いす利用者3人でつくるサークルひまわりのたねが主催しました。
 会員の一人、伊那市荒井の市川直哉さんは、脳性まひで重度の障害があり、電動車いすで生活しています。
 外出した時にトイレで困ることが多いことから、デリケートな部分でも問題提起しようと今回、イベントを行いました。
 サークルひまわりのたねでは、これまでに、身障者トイレがある場所などを掲載したマップを作るなどの活動を行っています。
 脳性まひで重度の障害がある伊那市中央の唐澤浩さんは、介助がないとトイレに行くことができません。
身障者トイレが設置されることだけでなく、サポートの必要性も訴えていました。
 サークルひまわりのたねでは、困っていることに対し声をあげることで、障害者が地域で暮らしやすいまちづくりにつながってほしいと考えています。

2016年10月13日   伊那毎日新聞

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高等特別支援学校の3生徒 ... | トップ | 全盲の空手家 希望の光に »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL