ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

介助犬フェスタ 展示や体験、理解深める/愛知県長久手市

2017年06月15日 01時49分03秒 | 障害者の自立

 「身体障害者補助犬法」の成立から5月で15年。愛・地球博記念公園(愛知県長久手市)で同月20日に開かれた7回目の介助犬フェスタを訪ねた。

 会場では車椅子生活をおくる松山ゆかりさん(35)=岐阜県各務原市=が、介助犬「ジョイ」(雌8歳)と一緒にステージに上がり、自力で1時間を要した起床が介助犬の助けで5分に短縮されたことを報告。「介助犬と出会う前は自宅近くのコンビニに行くのが夢だったが、今では年数回、故郷広島へも一人で帰ることが可能になりました。風邪もひかなくなり、体も丈夫になったようです」と伝えた。

「介助犬への理解を広げよう」と、写真の拡散を試みてフェスタ実行委が取り組んだ移動式の写真フレーム

毎日新聞   2017年6月13日

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 込めた丹精花開く 津・かざ... | トップ | 横浜からメキシコへ、知的女... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL