ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

東京メトロ全路線全駅のホームドア設置を決定:「転落事故、接触事故の防止」を目指して

2017年07月01日 01時22分56秒 | 障害者の自立

東京メトロではホームでの安全対策(転落事故、接触事故の防止等)として、全駅へのホームドア設置を進めている。2017年6月に東西線の優先設置駅以外の設置計画が決定。東京メトロ全路線全駅のホームドア設置計画を確定した。丸ノ内線、有楽町線、南北線、副都心線は全駅整備済で、2017年度末までには全179駅のうち98駅までは導入完了予定。2024年度までに1日10万人以上が利用する81駅への整備を完了させ、2025年度までに全179駅にホームドアを整備することを目指している。

酔っぱらいながらの「歩きスマホ」が一番危険

「転落事故、接触事故の防止」が目的だが、視聴覚障害者以外でホームでの転落や接触の要因として多いのが、「酔っぱらいながらホームを歩く」、「体調不良でふらついている」、「歩きスマホ」があげられる。夜には酔っぱらいながら、歩きスマホをしている人も多い。

酔っぱらいながらの「歩きスマホ」は物凄く危険だ。「歩きスマホ」は平時であっても、視野が狭くなっており、かつ神経がスマホに集中しているので、咄嗟の判断ができない。お酒が入ることによって、更に判断力は鈍る。また酔っぱらうと耳が遠くなるので、駅での注意や周囲の音も聞こえなくなってしまう。とにかく危険だ。スマホを線路に落としてしまって壊れてしまうだけなら、買い替えができるが、自身が接触や転落をした場合、命にかかわる。

ただホームドアが全駅で設置されたからといって「歩きスマホ」が安全にできるようになるわけではない。「歩きスマホ」でスマホばかりチェックしているので歩くのが遅くなったり、他人にぶつかりそうになって迷惑をかけたり、電車の乗降時も「歩きスマホ」をしているので電車の遅延にも繋がっている。さらに他人にぶつかって怪我をさせてしまい加害者になることもある。

現在、東京メトロではホームドアの設置の他にも、踏み外し防止として可動ステップを導入したり、駅のホームに警備員を配置して安全対策を図るなどハードとソフトの両面から安全対策を行っている。

Yahoo!ニュース   6/29

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 豊川特別支援学校でプロを迎... | トップ | 慈善プロレス収益、児童養護... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

障害者の自立」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL