ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

「共遊玩具」で障害者理解 疑似体験ワークショップも

2017年06月28日 14時02分55秒 | 障害者の自立

 障害のある子もない子も楽しめるおもちゃ「共遊玩具」を紹介する「バリアフリーふれあいおもちゃ博」が24日から2日間、福島市早稲町の教育文化施設「こむこむ」であった。知的障害者が経験している世界を疑似体験するワークショップもあり、訪れた人たちは楽しみながら障害への理解を深めた。実行委員会の佐藤玲子さん(60)は「障害の有無に関係なく子どもたちが一緒に遊んで互いを理解し合うきっかけに」と望んだ。

  タカラトミーが販売している共遊玩具約40点が展示された。動物のフィギュアは、目が見えなくても触覚で全体像を想像できるよう手のひらサイズに。凹凸で足跡を表現した付属シールもあり、想像力をかき立てる。魚釣りゲーム機は、耳が聞こえなくてもゲームの進行が分かるように字幕が表示される。

 ワークショップでは兵庫県の市民団体「ぴーす&ピース」の矢野一隆代表(55)が、知的障害を持つ娘の話を交えながら障害者への理解を呼び掛けた。参加者は半分に切ったペットボトルの注ぎ口から周囲を見る体験をした。矢野代表は「自閉症の人は、興味のあるものに意識が集中すると視野が狭くなる」と説明した。

 知的障害を持つ人のものの見方を体験するため、半分に切ったペットボトルの注ぎ口から見る参加者ら
業界でガイドライン 誰もが楽しめるよう開発

 「共遊玩具」は、タカラと合併する前の玩具メーカー「トミー」により開発が始まった。「誰もが楽しめるおもちゃづくり」で「世の中のためになる経営」をとの創業者、富山栄市郎氏の理念で1980年、同社は「ハンディキャップトイ研究室」を設立。一般社団法人日本玩具協会によると、2015年6月現在、全国で約200種類の共遊玩具が作られている。

 最初に視覚障害がある子ども向けのおもちゃの開発を始めたトミーだったが、需要が限られコストもかかるため、1980年代後半から製品を作り続けることが難しくなった。そこで社員らは、製造コストを抑えるため一般のおもちゃに少し工夫を加える方法で取り組みを継続。「障害者専用のおもちゃ」から、「共に遊ぶおもちゃ」へと進化させた。

 「誰もが遊べるおもちゃ」というコンセプトは賛同を集めた。国内では、日本玩具協会が1990年、「小さな凸」実行委員会(現・共遊玩具推進部会)を設立。視覚障害がある子どもたちに配慮するガイドラインをつくり、これを満たすおもちゃに盲導犬マークを付けることにした。1997年には、聴覚障害を持つ子ども向けのおもちゃのガイドラインも完成し、うさぎマークを付けることになった。

毎日新聞   2017年6月27日

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バリアフリーふれあいおもち... | トップ | パラトライアスロン秦、浴衣... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

障害者の自立」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL