ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

女性活躍の地域社会に

2017年06月19日 01時00分01秒 | 障害者の自立

2017年(平成29年) 6月18日(日)付け紙面より

 官民一体となって女性活躍推進体制を構築しようと、酒田市は「女性活躍推進懇話会」を立ち上げ16日、市庁舎で初会合を開いた。女性が活躍できる地域社会づくりに向けてメンバーが意見交換したほか、今年10月にメンバーが企画・運営する形で市民フォーラムを開催するなど今後のスケジュールを話し合った。

 懇話会の設置は、昨年4月に施行された女性活躍推進法に基づくもの。市は今年4月、矢口明子副市長をトップに政策推進、まちづくり推進、子育て支援、商工港湾4課の職員で構成する市男女活躍推進プロジェクトチームを設立。市における男女共同参画をさらに推進していくため、広く市民から意見を聴取し施策に反映させようと、同チームが「事務局」となり今回、懇話会を立ち上げた。

 メンバーは県とハローワーク酒田、学識経験者、企業経営者、若手農業者ら男性2人を含む13人。

 初会合にはプロジェクトチーム職員を含め約25人が参加。メンバーそれぞれが自己紹介した後、意見交換。「女性活躍に向けて市はさまざまな取り組みをしているようだが、知らない人が多い。より伝わるよう周知方法を考えては」「スキルや能力を生かしたくても選択肢が少ない。受け皿の創出を」「市役所職員自らがワークライフバランスの見本にならないと」「働く女性、経営者双方の意識改革が必要」「育児休業を取得した男性に対し、これまで以上のメリットを」といった声が出た。

 次回会合は7月25日(火)の予定。初回を含め計5回の会合、市民フォーラムなどで出された意見はプロジェクトチームで集約し、本年度中に策定予定の市女性活躍推進計画に生かす。

女性が活躍できる地域社会を構築するために設立された懇話会の初会合 
女性が活躍できる地域社会を構築するために設立された懇話会の初会合

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「できない」より「できる」... | トップ | 苫小牧 愛らんどベーカリー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

障害者の自立」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL