ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

優れた能力を知って

2017年02月09日 01時24分16秒 | 障害者の自立

桜ヶ丘ミュージアムでぼくらのアート展/知的障害者ら絵画、オブジェ作品など展示

 愛知県知的障害者福祉協会の加入施設の利用者らが制作し、応募した作品を展示する「ぼくらのアート展」は7日、豊川市桜ヶ丘ミュージアムで始まった。12日まで。

 18~80歳までの知的障害や自閉症の人たち86人の絵画や書道、オブジェ作品などを展示。そのうち38点は東三河8施設の利用者で、個性あふれる作品が目を引く。

 昨年10月に開かれた「ふれあいアート展」の入賞18点も展示。大賞のダンボールアートをはじめ、バラエティーに富んだ作品が並ぶ。重度の知的障害でありながら、精密な点描写と鮮やかな色彩の作風で、昭和の北斎ともいわれる山本良比古さん(69)の水彩や油絵14点も展示した。

 同館での開催は2年目で、昨年は約800人が来場した。同協会事業部長の鈴木幾雄さん(67)は、「関係者以外の人に見てもらうことで、知的障害があってもすごい能力を持つ人もいると知ってほしい」と理解を求めた。

個性的な作品が並ぶ会場

 2017/02/08   東海日日新聞
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 児童・生徒の活躍を表彰 は... | トップ | 座って競技「シッティングバ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

障害者の自立」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL