ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

特急にはねられ死亡の視覚障害男性は40歳

2016年10月17日 02時01分07秒 | 障害者の自立

通過待ち電車内からホームに出て線路転落か 近鉄・河内国分駅

 大阪府柏原市国分本町の近鉄大阪線河内国分駅で16日午前、大阪上本町発鳥羽行き特急電車(4両編成)にはねられ男性が死亡した事故で、大阪府警柏原署は同日、死亡したのは兵庫県宝塚市の無職男性(40)だったと明らかにした。視覚障害者だったといい、詳しい状況を調べている。

 同署によると、男性は親族の女性2人とともに奈良県に向かう途中で、ホームの向かいに停車中の準急電車で特急の通過待ちをしていたが、親族が気づかないうちに1人でホームに出て特急側の線路に転落したとみられる。ホームに転落防止用の柵などは設置されていなかった。

 男性は、1人で出歩くときはつえを使っていたが、この日は持っていなかったという。男性が電車好きだったという情報もあり、同署は誤って転落した可能性もあるとみている。

特急にはねられ死亡の視覚障害男性は40歳 通過待ち電車内からホームに出て線路転落か 近鉄・河内国分駅 

男性が特急電車に接触し死亡事故のあった現場付近

10月16日    (産経新聞)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 年金機構、障害基礎年金支給ミス | トップ | アデコ、宮城県「障害者雇用... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL