ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

車いすユーザーの65%が点字ブロック上を通行しづらい~「点字ブロック」と「誘導ソフトマット」の併用に関する調査と提言を行いました~

2016年10月19日 02時22分26秒 | 障害者の自立

ユニバーサルデザインの総合コンサルティングを手がける株式会社ミライロ(本社:大阪府大阪市 代表取締役社長:垣内俊哉)は、「誰もが快適に移動できるユニバーサルデザインな環境の実現」を目指した取組みを実施しています。オリンピック・パラリンピックにおいては、スロープ、触地図や案内サインなど、障害のある方々に配慮した設備の敷設が求められます。先月開催されたリオ大会では敷設のルールや品質にばらつきがあると報道されました。そこで誰もが安心して移動できる室内用誘導路について、障害者モニターによる調査を実施しました。

 ユニバーサルデザインの総合コンサルティングを手がける株式会社ミライロ(本社:大阪府大阪市 代表取締役社長:垣内俊哉)は、「誰もが快適に移動できるユニバーサルデザインな環境の実現」を目指した取組みを実施しています。

 オリンピック・パラリンピックにおいては、スロープ、触地図や案内サインなど、障害のある方々に配慮した設備の敷設が求められます。先月開催されたリオ大会では敷設のルールや品質にばらつきがあると報道されました。そこで誰もが安心して移動できる室内用誘導路について、障害者モニターによる調査を実施しました。

 ■調査実施の背景

 1965年日本で「点字ブロック」が考案されてから、日本での室外用誘導路の普及率は諸外国の中でもトップクラスです。その一方で、商業施設や屋内施設では誘導路が受付までに留まるケースがほとんどです。その理由として、人々の行き交う動線が複雑に入り混じる場合バリアになる可能性があるという理由や、工事コストや景観上の課題がある等が挙げられます。

 「点字ブロック」は、靴を履いた状態でも足裏の感触で確認ができるよう突起の高さが5mmに規定されています。凹凸が生じるため、杖を利用する高齢者や車いすユーザー、ベビーカーを押す方などにとって快適な移動の妨げとなる場合があります。

 2020年オリンピック・パラリンピックでは、屋内を使用する競技も多く存在します。そこで、誰もが快適に移動できるユニバーサルデザインな環境の実現に向け、41人の視覚障害者と車いすユーザーにご協力頂き、屋内における誘導路の利便性を調査しました。

■調査概要

【日程】2016年7月27日(水)・31日(日)・8月3日(水)・8日(月)・27日(土)

【場所】株式会社ミライロ 東京オフィス、大阪オフィス

【参加者】ミライロ・リサーチ(※1)に登録している障害者モニター合計41名(※2)

 ※1:ミライロが運営するモニター調査事業(障害者モニターは全国に5,000名以上)

 ※2:内訳:視覚障害者21名(全盲9名・弱視12名) 車いすユーザー20名

【調査内容】「誘導ソフトマット」と「点字ブロック」を両方試してもらい評価を聴取

【点字ブロック】

 調査に際し、点字ブロックは貼り付けのシートタイプを使用しました。(塩ビ製:幅30cm 底厚2mm 突起部高さ5mm JIS規格品)50年前に開発され、歩道や駅のホームなどに視覚障害者を安全に誘導するために広く設置されています。材質はコンクリートや磁器、塩ビ、ステンレスなど多種にわたります。ステンレス製の点字鋲が、デザイン的な面により設計採用されやすい一方で、近年、弱視の視覚障害者や高齢者が認識しづらいことが問題になっています。

 【視覚障害者用誘導ソフトマット】

 調査に際し、視覚障害者歩行誘導ソフトマットは錦城護謨株式会社製の「歩導くんGuideway(ガイドウェイ)」を使用しました。誘導ブロックの代替品として視覚障害者が考案し、視覚障害者団体協力のもと開発された製品です。全ての人の利便性に配慮した「ユニバーサルデザイン」の考えをベースにしています。

 白杖で叩いた時の音の違いや、足裏に伝わる質感の違いによって誘導路の位置、向きを認識することができるゴム製の屋内専用マットです。幅は30㎝で、段差がほとんど生じないように端部分の厚みは約1mmであり、厚み約7mmの中央部に向かって緩やかな傾斜となっています。高齢者や幼児がつまずいたり、ベビーカーや車いすの車輪が引っかかることを防ぎます。そのため、空港、銀行ATM、ホテルなどでの導入も進んでいます。

 床や路面への設置は両面テープを使用するため、大掛かりな設置工事は不要です。取り外しも容易なので、催事などで一時的に設置することもできます。

 これらの点が評価され、2016年2月に、ドイツ「iFデザインアワード」の金賞を受賞。同アワードは全世界から優れたデザインを選定するもので、「プロダクト部門・公共デザインカテゴリー」の金賞は日本では初めてです。

 

 ※詳細はこちら:http://guideway.jp/

 ValuePress!    株式会社ミライロ

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安全教育の必要性述べる 教員... | トップ | 「サイバスロン」を知ってい... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL