ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

障害者の性と恋愛描くリリー・フランキー主演作、銀杏BOYZの楽曲流れる予告編

2017年07月08日 00時18分46秒 | 障害者の自立

障害者の性への理解を訴える活動家・熊篠慶彦の実体験をもとにした本作は、幼少期に脳性麻痺を患い車椅子生活を送る主人公・クマと、人格障害を抱える風俗嬢・ミツの恋愛を描くラブストーリー。予告編にはリリー演じるクマと清野扮するミツの出会いの場面、その後交流を重ねていく2人の姿などが収められている。

また映像の中盤からは、リリーが峯田和伸に「クマとミツの関係性にピッタリの曲だから『BABY BABY』を使わせてほしい」と直接依頼した銀杏BOYZの楽曲が流れ出し、クマとミツが電動車椅子に2人乗りする場面や花火を楽しむ様子が切り取られていく。峯田は「BABY BABY」を映画の挿入歌として提供しているほか、予告編のナレーションも担当した。

松本准平が監督を務める「パーフェクト・レボリューション」は、9月29日より東京・TOHOシネマズ 新宿ほかで全国ロードショー。

リリー・フランキーが主演を務める「パーフェクト・レボリューション」の予告編がYouTubeにて公開された

2017年7月7日       映画ナタリー

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 広野・施設再訪音楽で交流 ... | トップ | »都営地下鉄駅員が盲導犬連れ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL