ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

災害時に聴覚障害者の目印に 手話サークルにベスト寄贈 兵庫

2015年06月28日 14時02分18秒 | 障害者の自立

 災害時に情報が伝わりにくい聴覚障害者に、手話のできる人を見つけやすくしてもらおうと、背中に「手話」と書かれたオレンジ色の防災ベスト100枚が「手話サークルあわじ」に寄贈された。

 洲本市山手のやまて会館で行われた贈呈式では、場外舟券売り場「ミニボートピア洲本」(同市海岸通)などを運営する「トランスワード」の橋本優営業統括部長(46)から、目録と防災ベストが贈られた。

 阪神・淡路大震災では避難所にいる聴覚障害者は、食事の配給などの情報が伝わりにくいうえ、手話通訳者が訪れても誰が聴覚障害者か分からなかったという。平成16年の台風23号では避難を促す広報車の音が聞こえず取り残された聴覚障害者もいたという。このため、手話サークルは手話のできる人を見つけてもらいやすくする防災ベストを考案、洲本市が仲介する形でトランスワード社が社会貢献として寄贈することになった。

 淡路聴力障害者協会の会員は約110人おり、手話サークルあわじ代表の小西幸子さんは「防災訓練やお祭りなどのイベントでもベストを着て周囲に存在を知ってもらい、聴覚障害者と手話のできる人をつなげるようにしたい」と話していた。

手話のできる人の目印になる「防災ベスト」が「手話サークルあわじ」に寄贈された=洲本市山手

2015.6.27      産経ニュース

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 障害者虐待通報、44件事実... | トップ | 知的障害者名義のカード不正... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL