ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

視覚障害の男性が線路に転落、駅員ら救助 ホームドアなし JR西国分寺駅

2016年10月11日 02時26分56秒 | 障害者の自立

 9日午前0時ごろ、東京都国分寺市西恋ケ窪のJR中央線西国分寺駅の下り線ホームで、視覚障害のある60代の男性が約1・1メートル下の線路に転落した。ホーム上の非常ボタンが押され、駆けつけた駅員と近くにいた乗客ら4人が男性を救助した。男性は肩の骨を折るなどして救急搬送された。現場はホームドアがなかったという。

 JR東日本八王子支社によると、男性は乗り換えの途中で、視覚障害者が使用する白杖を持っていたが、付き添いはいなかった。救助された際、「酒に酔っていた」などと話していたという。

 中央線は上下線計2本が11分遅れ、約800人に影響した。

2016.10.9    産経ニュース

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リオパラ銅メダリスト上地結... | トップ | なぜブラジルは成功したのか... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

障害者の自立」カテゴリの最新記事