ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

コロッケフェスで特別賞

2016年10月29日 02時17分07秒 | 障害者の自立

福祉村と相模女子大が連携

 全国各地のコロッケ店がその味を競い合う「全国コロッケフェスティバル」が2日、茨城県龍ケ崎市で開催され、福祉グループ・相模福祉村(中央区田名)と相模女子大学(南区文京)が共同で開発した「芋まるコロッケ」が龍ケ崎市商工会長賞を受賞した。

 相模福祉村が運営する障害者支援施設・虹の家(南区下溝)では、地域農業を活性化し、障害者の働く場を広げるために国が推進している「農福連携事業」の一環として、これまで農芸グループを中心にじゃがいもの栽培に着手してきた。栽培したのは栗やサツマイモのような食感が特徴の「インカのめざめ」で、このじゃがいもを使用して大会出場をめざそうと、相模女子大学短期大学部食物栄養学科の学生に協力を依頼。地域連携を推し進める同大も快諾し、オリジナルのコロッケを共同開発することとなった。

 試行錯誤の末に作り上げたのは、じゃがいもの食感と「芋なっとう」の甘みを活かし、衣に豆乳、米粉とゴマを用いたおやつ風のスイーツコロッケ。大会では全国33地域の店が出店する中、福祉施設と大学による共同開発という点も評価され、投票の結果、特別賞を受賞した。

「大変感激した」「良い経験ができた」

 結果を受け、同施設では「多くの専門店が出店する中、特別賞を頂けるとは思っていなかったので大変感激致しました」とし、大会に参加した同大の原田理奈さん(2年)は「施設の方々が一生懸命に育てたじゃがいもを活かすために、どこにもないスイーツコロッケを考えました。今回、授業では学べないことが沢山あり良い経験ができました」と話した。

 同施設は今後も「農福連携事業」を進めていく考えで、野菜の栽培など農業分野に精通し、障害者に理解のある事業への協力者を募集している。「私たちの活動にご支援頂ける方、ぜひとも力をお貸しください」と同施設。問い合わせは虹の家【電話】042・777・0111へ。

           

    考案したコロッケ                                    大会に参加したメンバー

2016年10月27日    タウンニュース

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 精神保健指定医、異例の大量処分 | トップ | 吃音、焦らずに長い目で »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

障害者の自立」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL