ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

植松容疑者、来月まで鑑定留置 責任能力の有無判断

2016年12月10日 01時02分11秒 | 障害者の自立

 「津久井やまゆり園」元職員の植松聖(さとし)容疑者(26)は現在、来年1月までの予定で、刑事責任能力の有無などを調べるために鑑定留置されている。

 神奈川県警津久井署捜査本部はこれまでに、入居者19人への殺人容疑などで植松容疑者を計3回逮捕。取り調べでは「不幸をつくる障害者は、殺害すれば日本のためになる」「安楽死を国が認めてくれないので、自分がやるしかなかった」などと供述し、一貫して障害者への差別的な言動や自己正当化を繰り返した。

 横浜地検は9月21日、こうした考えに至った背景や事件当時の精神状態などについて調べるため、鑑定留置を開始。期間は来年1月23日までの約4カ月間の予定で、起訴の可否を判断する。

 捜査本部は、まだ立件されていない事件の負傷者27人への殺人未遂容疑などについて、調べを進めている。

2016.12.8    産経ニュース

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 県会で試験撮影 - 課題も浮き... | トップ | 声かけで救える命も 国土交... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

障害者の自立」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL