ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

家具転倒は金具で防げ 津市が無料配布中

2016年10月20日 01時19分51秒 | 障害者の自立

 津市が無料配布している家具転倒防止用の金具の配布が、二〇一四年八月に取り組みを始めて以来、千セットを超えた。四月の熊本地震で市民の防災意識も高まっており、市防災室は三百六十セットの在庫を備え、利用を呼び掛けている。

 金具は、たんすや本棚などの家具を壁や柱に固定するもので、L字型やI型のタイプがあり計八点セット。付属のネジで自分で取り付ける。

 二年前に市役所本庁舎や各総合支所で始まった無料配布は、四月の熊本地震で申請者が急増。市防災室によると、十三日現在で本庁舎分で千十七セットが配られたという。

 応募条件は、津市で住民登録した人。六十五歳以上の高齢者のみで暮らす世帯や、障害者と同居する家庭には、ボランティアの建設業者が無料で金具を取り付けてくれるサービスもある。市役所本庁舎八階の防災室や、市内の各総合支所の窓口で申請する。

 市防災室の別府博室長は「震災の際の家具の転倒は危険であり、金具で固定することは命を守る上で大切だ」と話し、活用を呼び掛けている。

(問)市防災室=059(229)3104

家具転倒防止用の金具の利用を呼び掛ける市の担当者

2016年10月19日   中日新聞

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 養父・朝倉山椒の組合 販路... | トップ | 競泳 中道 穂香(15)南... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL