ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

視覚障害者招き駅員が支援研修 JR西

2017年02月12日 03時42分39秒 | 障害者の自立

 全国で駅ホームからの転落事故が相次ぐ中、JR西日本は10日、大阪府吹田市の社員研修センターで視覚障害者を招き、研修会を開いた。障害者や高齢者への対応や支援を強化しようと本年度から「サービス介助士」の資格取得を社員に勧めており、その一環。駅での勤務員を中心に約50人が熱心に話を聞いた。

 視覚障害があり、盲導犬と生活する関西在住の森永佳恵さんと関西盲導犬協会の久保ますみさんが講話。久保さんは視覚障害について「見えないことは情報の8、9割が得られない情報障害でもある」と現状を説明した。

駅のホームから落ちそうになった体験を語った森永佳恵さん

2017/2/10   神戸新聞NEXT

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 障害者の避難支援学ぶ 高岡... | トップ | 西鉄  精神障害者割引導入 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL