ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

障害者の労働をタブレットで支援

2016年10月19日 02時58分57秒 | 障害者の自立

 「自閉症や発達障害の人は、先の見通しが立たない場合、パニックにおちいることがある」――。そう話すのは、マイクロブレイン 取締役の金子訓隆氏。同社は、知的障害のある人が就労現場で迷いや混乱なく働くことを助けるiPad専用ソフト「だれでもワークプロ」を開発している。「第43回 国際福祉機器展 H.C.R.2016」(2016年10月12~14日、東京ビッグサイト)で披露した。2017年3月末~4月の完成、5月の販売開始を目指している。

  現在、知的障害のある人の就労場所の多くでは、作業工程を紙のカードにし、可視化している。しかし、「カードは長いこと使っているとボロボロになってしまい、作業に変更点がある場合、刷り直す必要がある」(金子氏)。

 そこでカードを電子化しようと考えた。管理者が作業工程に合わせたカードを作成し、作業員のタブレット端末に転送するだけで、個々人が作業を把握することができる仕組みだ。作業内容に変更が生じても、管理者が変更内容を作業員の端末に転送すると、リアルタイムに反映される。タブレットに馴染みのない人に対しては、カードを紙に出力することもできる。

 例えば、就労現場がクリーニング会社で、衣類を畳む作業を指示する場合を想定する。作業員の仕事は、畳むという動作を反復することと、衣類が十分洗濯されているかどうかなど条件を判断すること。知的障害の人にとって、「汚れがあるから別に棚に入れる」と判断するのは困難であることが多い。

 そこで、端末を通じて1枚1枚「汚れやほつれがありませんか」と状況を問う画面を用意する。「はい」を選択すると衣類を畳まずに棚に置く指示が表示され、「いいえ」を選択すると畳み方の指示が表示される仕組みだ。「条件を入力するだけでその後の作業が指示されるため、補助の人が傍に立っていなくても一人で仕事ができるようになるのではないか」(金子氏)。

  作業内容を示すカードは、管理者がiPadで撮影した写真を利用することができる。写真を利用する利点について金子氏は次のように話す。「例えば、自閉症の人に赤い車のカードを出して車に乗ることを説明した後、白い車に乗ろうとすると、赤でないことに困惑することがある。実際に作業する場所や物はそのままカードにした方が理解を助ける」(金子氏)。

 設定した時刻に特定のカードがポップアップするタイマー機能も付けられる。これは、「知的障害のある人のなかには、時間の概念が分からず集中しすぎてしまう人もいるので、休息カードを作り、意識的に休息をとらせることを狙いとしている」(金子氏)という。

前身は、歯科治療の支援

 同社がだれでもワークプロの前身として手掛けたのが、発達障害者の歯科治療を助ける「はっするでんたー」。発達障害者が歯科治療を受ける際、見たこともない器具を使って特殊な音がすることで、パニックを起こして治療ができなくなる場合もあるという。

 医師が紙のカードを使って工程や道具を説明し、先の見通しを立てることでパニックは防ぐことができるという。はっするでんたーは、iPadを使ってカードの作成や組み合わせを行い、画面を見せながら患者に治療工程を説明することができる。歯科専門医療機関が制作した495種の絵カードが標準登録されているが、だれでもワークプロ同様、撮影した写真を絵カードとして使うことも可能だ。

 はっするでんたーを使用した医療機関からは、「子どもが興味関心を持っていた」や「操作が簡単で直感的」などの声が届いたという。

 

「アイロンをかける」作業カード

2016/10/17  日経テクノロジーオンライン

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「サイバスロン」を知ってい... | トップ | 障害者への虐待防止を呼びか... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL