ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

車いすで落語 会場沸かす…林家かん平さん

2017年06月16日 02時01分31秒 | 障害者の自立

障害者題材 自作の演目

 所沢市に住んでいた1990年に脳出血で倒れ、車いすで生活する落語家の林家かん平さん(67)が14日、同市並木の市民文化センターミューズで高座に上がった。

 かん平さんのドキュメンタリー映画上映会に合わせ、自作の演目「レッツゴー障害者」を披露した。冷麺を注文した際に倒れたエピソードを紹介しつつ、「あの冷麺、どうしたのかな? 早く食べないと、伸びちゃうよね」と、笑いを誘った。

 25年前に市内の病院でかん平さんを担当していた看護師も鑑賞に訪れた。「当時から『高座に出たい』とリハビリに励んでいた。精神力、気力を保ち続け、とても立派だと思う」と感嘆していた。

車いすで高座に上がった林家かん平さん(所沢市で) 

車いすで高座に上がった林家かん平さん

2017年6月15日         読売新聞

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 成年後見制度活用サポート  | トップ |  県庁で「やまゆり園」再生部... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

障害者の自立」カテゴリの最新記事