ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

ゴールボール  全身スポーツ ロンブー田村亮さんら体験

2017年10月10日 01時38分51秒 | 障害者の自立

 視覚障害(しかくしょうがい)への理解(りかい)と障害者(しょうがいしゃ)スポーツへの関心(かんしん)を高(たか)めるための催(もよお)し「みえないセカイをみてみよう・ゴールボール体験会(たいけんかい)」(毎日新聞社主催(まいにちしんぶんしゃしゅさい)、TEAM BEYOND-TOKYOパラスポーツプロジェクトほか協力(きょうりょく))が9月(がつ)30日(にち)、東京都足立区立中島根小学校(とうきょうとあだちくりつなかしまねしょうがっこう)で開(ひら)かれました。 

 ゴールボールは、1チーム3人(にん)で鈴(すず)の入(はい)った専用(せんよう)のボールを交互(こうご)に転(ころ)がし、相手(あいて)ゴールに入(い)れた得点(とくてん)を競(きそ)う視覚障害者向(しかくしょうがいしゃむ)けの競技(きょうぎ)。東京(とうきょう)パラリンピックの正式種目(せいしきしゅもく)にも選(えら)ばれています。

 体験会(たいけんかい)には同校(どうこう)の子(こ)どもなど親子(おやこ)20人(にん)のほか、お笑(わら)いコンビ「ロンドンブーツ1号(ごう)2号(ごう)」の田村亮(たむらりょう)さんや元(もと)ラグビー日本代表(にっぽんだいひょう)の広瀬俊朗(ひろせとしあき)さんが参加(さんか)。アイマスクをして投(な)げたり守(まも)ったりする約(やく)1時間半(じかんはん)のプログラムを体験(たいけん)しました。

 田村(たむら)さんは「音(おと)に集中(しゅうちゅう)して全身(ぜんしん)を使(つか)う、見(み)た目以上(めいじょう)にハードなスポーツだと実感(じっかん)できた。東京(とうきょう)パラリンピックでも応援(おうえん)したい」と話(はな)しました。この模様(もよう)は、東京都(とうきょうと)のパラスポーツファンサイト「TEAM BEYOND」(https://www.para-sports.tokyo/)でも紹介(しょうかい)されます。

毎日小学生新聞  2017年10月8日

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 記者のきもち  駅ホームでの... | トップ | 駅のホーム、障害者に声かけ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

障害者の自立」カテゴリの最新記事