ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

相模原の障害者施設殺傷 1年 「人はありのままで」 40人が対話集会 鹿児島

2017年07月16日 04時09分24秒 | 障害者の自立

 相模原市の障害者施設で入所者19人が殺害された事件から1年になるのを前に、鹿児島市川上町の社会福祉法人麦の芽福祉会「夢のまち」で12日、「相模原事件が問いかけるもの」をテーマにした集会があった。参加者からは「障害者は不幸ではない」「(人は)ありのままでいい」などの声が上がった。

 麦の芽福祉会教育研修センターが主催。障害者やその家族、施設職員ら約40人が参加し、事件についての思いを発表。脳性まひがある朝倉真由美さん(38)は、事件後に施設の安全性向上を求める声が上がったことに、「自由に外出や外泊ができなくなり、友人が来た時も名前を記入したりしないといけなくなる。プライバシーがなくなる」と疑問を呈した

事件について話し合う参加者

毎日新聞   2017年7月14日 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 県連絡協、県に障害者の採用... | トップ | 室蘭艦砲射撃忘れない 市内... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

障害者の自立」カテゴリの最新記事