ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

寺子屋式!御殿場市民会館にて子育て方法論を母親に提供しました

2017年07月13日 02時22分02秒 | 障害者の自立

漫画家でもあり育児関連の著書も共著で出版している「めんどぅーさ」氏が7月7日(日)御殿場市民会館に母親らを集め、子育て論についてL.ロンハバード氏の文献に基づき、レクチャーを提供しました。

自分と子どもの関係に苦悩を抱え子育ての熱意を失う親が昨今多く見受けられます。このような中、漫画家でもあり育児関連の著書も共著で出版している「めんどぅーさ」氏が7月7日(日)御殿場市民会館に母親らを集め、子育て論についてL.ロンハバード氏の文献に基づき、レクチャーを提供しました。

厚労省の発表によると、平成27年度中に、全国208か所の児童相談所が児童虐待相談として対応した件数は103,260件(速報値)で、これまでで最多の件数となっています。平成26年度と比して児童虐待相談対応件数が大幅に増加した自治体からの聞き取りによると主な要因としては、心理的虐待が増加、また心理的虐待が増加した要因の一つに考えられることとして、児童が同居する家庭における配偶者に対する暴力があるとされています。

カウンセラーらを筆頭に参加したのは10名。めんどぅーさ氏の笑いも織り交ぜた一連の講演には毎回参加する常連もいるほど。参加した聴講者からは、「自分自身だけでなく、家族やグループも同じであると意識化できた点が大きな気づきになりました。」「自分の問題に気付くこと、問題の仕組みに気付けば原因もみえて解決策もみえてくるかな。」「起こることに自分が観察した真実を見極めていきたいと思います。」などと沢山の喜びの声が聞かれました。

特定非営利活動法人イマジンは、知的障害者のノーマリゼーション、覚せい剤撲滅の普及啓発活動を行っており、秋桜による音楽慰問活動、子育て教育なども応援しています。

寺子屋式!御殿場市民会館にて子育て方法論を母親に提供しました

特定非営利活動法人イマジン   2017-07-11

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メニュー選ぶ喜びを 千歳・... | トップ | 静岡発「後見支援預金」 高... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL