ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

個性にじむ一文字 あすから北区で知的障害者書道展

2017年05月26日 00時50分07秒 | 障害者の自立

 都内の知的障害者らの書道展が二十六~二十八日、北区王子の北とぴあ展示ホールで開かれる。それぞれが好きな漢字を一文字、大判用紙いっぱいに書いた五十二点を展示する。入場無料。

 社会福祉法人「ドリームヴイ」(上十条)の書道クラブが二〇〇五年から毎年開き、十三回目。二十五~六十一歳の知的障害者二十五人と肢体不自由者一人が、二点ずつを出品した。

 祖母が飼っているペットにちなみ「犬」、フィギュアスケートの浅田真央さんのファンだったことから「浅」など、選んだ字に作者の個性がにじむ。

 山田結香さん(28)は、熊本地震のニュースで見た「甦(よみがえ)れ熊本」に触発されて「甦」と、震災復興支援ソング「花は咲く」から「咲」を選んだ。母親の真由美さん(58)は「書道は社会参加のきっかけになっている」と話す。

 指導する有馬高枝さん(73)は「純粋な思いでみんな書いていて、それが字に現れる。多くの人に味わってほしい」と話している。 

書道教室で「甦」と書く山田結香さん(母親の真由美さん提供)

2017年5月25日     東京新聞

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 普通って何? 優しさって? | トップ | 障害者就労 地ビール施設 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL