ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

来春のNHK朝ドラは「半分、青い。」=脚本は北川悦吏子さん

2017年02月24日 02時14分16秒 | 障害者の自立

 NHKは22日、2018年前期の連続テレビ小説が「半分、青い。」に決まったと発表した。脚本は「ロングバケーション」などを手掛けた北川悦吏子さん。
 ヒロインは1971年に岐阜県で生まれ、小学生の時に片耳の聴力を失う鈴愛(すずめ)。バブル期の東京で試行錯誤の後、故郷へ戻り、家電業界に旋風を巻き起こす新製品を発明する半生を描く。
 北川さんは恋愛ドラマの名手として知られ、「オレンジデイズ」などでも聴覚障害者の物語を描いた。会見で自身も失聴した経験を明かし、「私も落ち込んだけど、考えようによっては、ロマンチックに見えてすてきに思える時とか、頑張らなきゃって思う瞬間があるのではと思ったのがきっかけです」と語った。

(2017/02/22-時事通信

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ICT活用でビジネス創出 ... | トップ | 障がいを理由にした差別解消... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

障害者の自立」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL