ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

嵐・櫻井翔が「慶應ボーイ」の真価を見せつけた驚愕エピソードとは?

2017年02月22日 02時25分00秒 | 障害者の自立

 嵐の櫻井翔といえば、言わずと知れた慶應ボーイ。幼稚舎から大学まで慶應という生粋の慶應育ちだ。ジャニーズ初の大卒キャスターとして「NEWS ZERO」(日本テレビ系)に起用され早11年。現在も月曜キャスターの一員として、“イチメン!”というコーナーを受け持っている。

 そんな櫻井が、同企画を通じてある試験にひっそり合格していたという。テレビ番組制作会社のスタッフが明かす。

「それは高齢者や障害者の視点になってサポートを行うユニバーサルマナー検定です。『イチメン!』で紹介したのをきっかけに2級を受験すると、みごと合格。昨年4月、障害者差別解消法がスタートしたことを受けて、一般の小売業大手の社員らと一緒に受験したそうです」

 櫻井は実技として、車いすの研修や段差のスロープのぼりをしている。また、高齢者の疑似体験として、足などに動きを制御するサポーター、視界がかすむゴーグル、周りの音が聞こえにくいヘッドホンなどを装着して、杖をついて歩いた。

「彼がすごいのはペーパーテストで100点満点を取って合格したところ。70点以上で合格になるんですが、そのラインを余裕で突破してしまうあたりは、さすがは慶應卒です。キャスターを10年以上も務めた賜物でしょうね」(前出・テレビ番組制作会社スタッフ)

 かねてからジャーナリスト気質が強く、ひとつの事柄を突き詰めた取材スタイルに興味を示していた櫻井。満点突破は当然の結果だったかもしれない。

2017/02/21   アサジョ (ブログ)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 放送コード完全無視! 18禁妄... | トップ | 「眠れる旅人」発掘 広がる... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

障害者の自立」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL