ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

障害者施設家族会の全国大会、福岡市で開幕 「この世に生まれる必要のない人間はいない」

2016年10月20日 00時40分19秒 | 障害者の自立

 全国知的障害者施設家族会連合会の大会が18日、福岡市博多区のホテルで開幕した。7月に相模原市の「津久井やまゆり園」で19人が刺殺された事件について、由岐透理事長は「この世に生まれる必要のない人間はいない。容疑者のような間違った思想の持ち主が二度と現れないよう社会のひずみを正していかなければならない」と呼び掛けた。

 連合会はやまゆり園を含む534施設の入所者の家族会(計3万7921人)で構成。全国大会は交流と勉強のために2005年から毎年開かれ、今年は約650人が参加している。

 冒頭に全員で黙とう。基調講演で、北九州市立大の小賀久教授は「障害者はいない方がいい」との容疑者の考え方は、社会に潜む優生思想の表れだとして「障害者を大切にする社会は全ての人を大切にする社会だと家族が確信を持って訴え掛ける必要がある」と提案した。大会は19日まで。

障害者施設家族会の全国大会、福岡市で開幕 「この世に生まれる必要のない人間はいない」 

福岡市で開幕した全国知的障害者施設家族会連合会の全国大会

=2016/10/18 西日本新聞=

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 障害者への虐待防止を呼びか... | トップ | UD推進協議会、五輪向けて... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL