ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

児童・生徒の活躍を表彰 はばたき賞/岩手

2017年02月09日 01時20分00秒 | 障害者の自立

岩手県教育委員会の「はばたき賞」の表彰式が7日行われました。スポーツや文化、社会活動など様々な分野で活躍した児童と生徒を称えるもので個人23人と7つの団体が受賞しました。「はばたき賞」は県教育委員会が年に2回表彰しているものです。今回は、全日本合唱コンクールで文部科学大臣賞を受賞した不来方高校音楽部や、全国障害者スポーツ大会=希望郷いわて大会の陸上女子200mで優勝した盛岡聴覚支援学校の高橋明日香さんなど個人23人と7つの団体が受賞しました。「この賞を励みに初心に帰って私たちにしかできない不来方サウンドを作っていきたい」(不来方高校音楽部 三浦真子部長)「いまでなかなか記録を出せませんでしたが監督やコーチに教えていただきいい記録がだせました」(盛岡聴覚支援学校 高橋明日香さん)表彰式では希望郷いわて国体空手道少年男子形で準優勝した大船渡高校の冨澤拳真さんが代表して「受賞を励みにさらなる精進を誓います」と挨拶しました。今回の「はばたき賞」では、2013年4月に71歳で盛岡となん支援学校中学部に入学し、去年高等部に進学した板倉ミサヲさんも日ごろの学びへの姿勢が評価され受賞しました。「今後の子どもたちが私のように障がいがあっても夢をもって学んでほしいと思います」(板倉ミサヲさん)晴れやかな表情で表彰式に臨んだ受賞者たちは、それぞれの今後の目標への思いを新たにしていました。

2017年02月07日    ニュースエコー 岩手放送

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本政策金融公庫が「ソーシ... | トップ | 優れた能力を知って »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL