ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

障害者差別を解消し、気持ちよい社会に 松本で討論会

2016年11月08日 03時11分55秒 | 障害者の自立

 障害がある人の抱える諸問題を市民で共有するためのフォーラム「みんなが気持ちよく暮らせる社会」が六日、松本市双葉の市総合社会福祉センターで開かれた。

 松本圏域障害者総合相談支援センター「ボイス」の東條知子所長は、四月施行の障害者差別解消法を解説。「障害者の受ける社会的不利は、その人が持つ機能障害を考えないで作られた社会に原因がある」と法の背景の考え方などを説いた。

 討論会では、全盲の松本視覚障害者福祉協会の前野弘美会長が「障害者同士ですら差別はある。自分たちのそばで起きている差別を減らせなければ、社会を変えるのは難しい」と訴えた。

 NPO法人松本市聴覚障害者社会参加支援協会と市内のライオンズクラブなどが共催し、約五十人が参加した。

2016年11月7日   中日新聞

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 視覚障害者理解へ「白い杖福... | トップ | 障害者の避難受け入れ報告 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL