ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

歩行訓練のあり方を考える 事業所の少なさ課題 日盲連がシンポジウム

2017年03月21日 01時12分47秒 | 障害者の自立

 日本盲人会連合は2月25日、シンポジウム「視覚障害者の生活訓練(歩行訓練)のあり方を考える」を開いた。今年度取り組んだ調査研究事業の一環で企画した。会場には現場で訓練に当たっている歩行訓練士や視覚障害者ら約80人が参加した。

 シンポジウムでは、調査研究の結果が報告された後、事業所の担当者を交え、討論が行われた。視覚障害者から期待されている訓練を全国で提供できるようにするには何が必要かを探った。

2017年3月19日   毎日新聞

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  障害者の日常を映画化 山形... | トップ | スイス・ジュネーブ国連障害... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL