ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

»相模原障害者殺傷事件、声を上げ闘う両親「息子はいつも家族の中心」

2017年02月22日 03時11分35秒 | 障害者の自立

 神奈川県相模原市の知的障害者施設で46人が殺傷された事件で、逮捕された男の精神鑑定が終了しました。「障害者なんていなくなればいい」。男が言い放ったその言葉に対し、息子が重傷を負った家族は、「息子はいつも家族の中心だ」として闘い続けています。

 20日午後、身柄を警察署に移された植松聖容疑者(27)。責任能力の有無を調べる精神鑑定が終了し、横浜地検は、起訴するかどうかを今週末までに判断します。

  去年7月、相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者が次々と刃物で刺され、19人が死亡、27人が重軽傷を負った事件。逮捕された元職員の植松容疑者は、障害者を冒とくする内容の供述を一貫して続けています。

  「障害者がいなくなればいいと思った」(植松容疑者)

  「ここももうなくなるんだな」(尾野剛志さん)

  尾野さん夫婦の息子の一矢さんは、植松容疑者に腹などを刺され、一時、生死の境をさまよいました。

  「僕は本当は死刑よりも無期懲役がいいんです。無期懲役の方が 、彼はもっと苦しむんじゃないかなって」(尾野剛志さん)

  「かず君こんにちは」

  事件のショックから食事が摂れない一矢さんに家族は寄り添い続けました。

  「今年は酉年です。コケコッコーです」(尾野チキ子さん)

  一矢さんは現在別の障害者施設に入所していて、尾野さん夫婦は週に一度、面会に訪れています。一矢さんが大事そうに抱きしめている人形。甥からのプレゼントです。離れて暮らしていても、家族の中心はいつも一矢さん。

  「僕ら夫婦は、まず一矢を中心にして」(尾野剛志さん)

 「一矢はいつも(家族の)真ん中だから、どこに行っても」(尾野チキ子さん)

  「障害者なんていなくなればいい」。尾野さん夫婦は、植松容疑者のこの言葉と闘ってきました。

  「前を向いて考えていかないとダメだって、自分の中で言い聞かせてます」(尾野剛志さん)

  母親は、「息子は今回、被害者となったが、他人を傷つけることしかできない容疑者より幸せだ」と話します。

  「一矢は刺されちゃったけど、刺すよりはマシかなって。私は一生懸命かわいがって、いらない子なんかじゃなかったから」(尾野チキ子さん)

  被害者のほとんどの家族が声を上げることさえできない現実があります。父親の剛志さんは、それでもあえて顔と名前を出し、取材に応じる理由をこう話します。

  「まだまだつらくて泣いてる人たちがいるのも事実。そういう人たちのことも、世の中に出してあげなきゃいけないって思う」(尾野剛志さん)

(20日16:50)  TBS News

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 視覚障害者も"見える"ように... | トップ | 働き方改革を加速/WLB充... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

障害者の自立」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL