ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

東京パラへ才能発掘 - 入賞者が技術指導/障害者選手がイベント

2016年11月05日 15時33分23秒 | 障害者の自立

 国際大会で活躍できるような障害者アスリートを発掘しようと、県は3日、橿原市畝傍町の橿原公苑陸上競技場で「世界へ飛び出せ!障がい者陸上タレント発掘イベント2016」を開催。40人が参加した。

 オープニングで、県くらし創造部スポーツ振興課の村上健課長が「(きょうは)パラリンピックの入賞者とコーチに来てもらった。その技術を見てほしい」とあいさつ。 続いて、共催(主管)の日本パラ陸上競技連盟の三井利仁理事長が「東京パラリンピックの舞台に立ってくれるような選手が見つかることを期待している」と語った…

準備運動でトラックを回る参加者=3日、橿原市橿原公苑陸上競技場

2016年11月4日 奈良新聞

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ともに生きる社会かながわ憲章 | トップ | 障害者ら「平等で差別のない... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

障害者の自立」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL