ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

障害者男性が死亡 施設側が車から降ろし忘れ熱中症か

2017年07月15日 02時59分47秒 | 障害者の自立

13日午後、埼玉県上尾市の障害者施設で、障害のある19歳の男性が車の中で熱中症と見られる症状で倒れているのが見つかり、その後、死亡しました。埼玉県によりますと、施設側がおよそ6時間にわたって男性を車から降ろし忘れていたと見られ、警察が詳しい状況を調べています。

埼玉県によりますと、13日午後3時20分すぎ、埼玉県上尾市の障害者施設「コスモス・アース」の職員から「19歳の利用者の男性が車の中で倒れている」と消防に通報がありました。

男性は病院に運ばれましたが、まもなく死亡しました。死因は熱中症と見られるということです。

県によりますと、この施設では、13日朝、車で利用者を迎えに行き、午前9時ごろ、施設に到着して利用者を車から降ろしましたが、その際、男性を降ろし忘れたと見られ、6時間ほどたった午後3時すぎに車の中で倒れている男性を見つけたということです。

施設によりますと、男性は知的障害があり、自分で車のドアを開けることができないということです。

警察は施設の関係者から話を聞くなどして詳しい状況を調べています。

7月13日    NHK

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 車に6時間、障害者死亡=熱... | トップ | 障害者が憂鬱な梅雨 車椅子... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL